シロッカー手術のこと。

先月末に、シロッカー手術を受けました。

「なんですか、それ??」っていう方もあるかと思います。
あたし自身全然知らなかったので、決まってからいろいろネットで検索して、経験された方のブログを読ませていただきました。
これからおなじ手術を受けるかもしれないどなたかのお役に立てば、それから自分の記録のためにも、書いておきたいと思います。

若干生々しくなるかもしれないので、苦手な方はUターンお願いします。。

シロッカー手術というのは、簡単にいえば子宮口の出口を縛って開かないようにする手術です。
前回妊娠時に子宮頸管が短くなって3ヶ月入院したあたし。
今回はそういうわけにはいかないので、先生にすすめられて受けることを決めました。
妊娠12週以降から受けられます。
なるべく早いほうがいいので、あたしは14週で受けました。

前日の午後に入院、その日は普通に過ごせます。
病室に主治医の先生、薬剤師さん、麻酔の先生、手術室の看護師さんなどいろんな人が代わる代わる来て、明日の説明をしてくれました。
そうそう!!
この薬剤師さんが、中学受験のとき通っていた塾のお友達でw
偶然にびっくり~~~~!!!
昔話に花咲きまくり、一気に緊張が解けましたw
21時に下剤を飲んで、22時以降は絶食です。
水かお茶はOKでした。
手術当日は朝の5時からは飲み物もだめです。

当日は、9時半からの手術で、1時間前にだんなさんが来てくれました。
終わるまで、病室待機です。
アクセサリーなどの貴金属を全部外し、オペ着に着替えて準備。
あたしは看護師さんと歩いてオペ室まで行き、昨日来てくれた手術室付きの看護師さんが迎えてくれて、いざ開始!!です。
麻酔の先生、主治医さんもいました。

今回は下半身だけの麻酔でした。
麻酔をかけるときに、横向きに寝て背中をなるべくエビみたいにまあるくします。
背骨の間を広げて、そこに針を刺して麻酔液を入れます。
これが、なかなかうまく針が入らず。。
といっても自分では見えないんですか。
3回刺してやっとうまくいったみたいです。
神経が通っている部分なので、これがいちばん痛かったな~~。

麻酔液を入れてからは、じんわり効く感じでした。
効き具合を確認しつつ、手術は進んでいきました。
意識があるだけに、先生の会話や器具のカチャカチャ音は全部聞こえます。
こわいのでw、なるべく意識はBGMに集中!!!
BGMは、ある中からすきなものをかけてもらえます。

つつがなく進んでいき、予定通り、2時間程度で終わりました。
動けないので病棟の看護師さんがベッドで迎えに来てくれて、だんなさんのいる病室に戻りました。
それからは10分おきにバイタル確認と検温でバタバタと。
点滴も何本かしました。
翌日の朝までベッドから降りられないので、導尿と、エコノミークラス症候群にならないように足を動かす機械をつけられました。

おなかを切ったわけではないので、13時から飲み物OKになりました。
多少味のあるものも大丈夫でした。
晩ごはんは普通食が出ましたが、そんなに食欲もなく。
お吸い物だけいただきました。

夜は足の機械が気になってほぼ寝られず。。
翌朝外してもらったときの開放感といったらなかったです!!!
手術の痛みはほぼなくて、痛み止めも飲みませんでした。
張り止めだけ飲んでました。

それ以降はなるべく安静に過ごすようにとのことで、病棟内だけ歩行OKでした。
手術が金曜日で、月曜日にはシャワーも入れました。
順調だったので、火曜日の午前中に退院してきて、いまは実家でのんびりしてます。

と、ここまで書いたのでいまさらなんですがw

第二子、妊娠しました。
今回は上の子がいるので、なるべく切迫入院しないで、薬のコントロールでしのいでいければと願ってます。
まだつわりがおさまらないんですが。。
あせらずいきたいと思います。
e0164874_16523447.jpg

実家の事務所で、昔あたしが使ってた木馬に乗るムスメです。



[PR]

by ayuminnie1127 | 2017-07-10 13:36 | baby | Comments(2)

Commented by すばる at 2017-07-10 21:45 x
まあ!
第二子おめでとうございます(*^_^*)
Commented by ayuminnie1127 at 2017-07-13 10:39
すばるさま♪

ありがとうございます(๑>◡<๑)

あと約半年、無事に過ごしたいです。